生前贈与については弁護士等と相談をした方が良い

生前贈与については弁護士等と相談をした方が良い

自分の死後今まで築き上げてきた財産をどのように分配するかと言うことで頭を悩ませている人もいますが、何もしない場合には民法の定める法定相続分に従って相続人に相続されることになります。



それに納得ができなければ遺言書を残せば良いのですが、その他の方法として相手に遺産を贈与すると言う方法があります。

@niftyニュース情報選びのお役立ちコンテンツ満載です。

この贈与の中にも死因贈与と生前贈与がありますが、この二つは似ているようで性質を異にしているのでその違いについてはよく知っておく必要があります。


その中でも相続税対策の一環として生前贈与を行う人が増えていますが、ただ得をして良いことばかりではないので十分に注意することが大切です。


生前贈与は遺贈とは違って契約と言う形を取るのですが、それでも遺贈と同じように相続分の前渡と見做されることになります。


そして遺贈と同じように特別受益として計算されるので、相続人の一人に対して生前贈与を行った場合には自分の死後その相続人に対しては遺産の額が減らされる可能性が高くなります。

このことをよく知っておかないと後で後悔することになるので、どのような方法で相続人に財産を上げるのが良いかよく考えることが重要になって来ます。



また贈与税についてもよく理解しておく必要があり、どれ位の税金を納めることになるのかよく分からなければ税理士等によく相談をすることが大切です。生前贈与については遺産分割の際のトラブルになることもあるので、この贈与の方法に関しては弁護士とも綿密に話し合うようにした方が良いです。


  • 法律の常識

    • 2015年、相続税法が改正されました。この改正で相続税は増税されたことはニュースなどでも多く報道されましたが、生前贈与に関してはあまり報道されていなかったように思います。...

      detail
  • 法律が気になる方

    • 相続税の法律が変わったので、そんなにたくさんの財産がなくても、相続税を払わなくてはいけないことになりそうな状況となっています。そこで注目されたのは生前贈与ということです。...

      detail
  • 法律についての考察

    • 相続と違い、生前贈与は非課税でできるのが魅力ですが、場合によっては贈与税がかかってしまうこともありますので、その点に注意して分配するようにしましょう。具体的に、どのような場合に贈与税がかかるのかといいますと、まず教育などの目的で行った生前贈与を、別の用途に使った場合です。...

      detail
  • 法律入門

    • 生前贈与の手続きを速やかに行いたい場合には、様々な対応が必要となることがありますが、信頼度の高い法律事務所のスタッフと念入りに打ち合わせをすることで、何時でも納得のゆく行動をすることができます。現在のところ、生前贈与のポイントについて、各地の法律事務所のウェブサイトやパンフレットなどで分かりやすく紹介が行われることがあるため、いざという時に備えて、アフターサービスがしっかりとしている依頼先を見つけることが欠かせません。...

      detail